<< ドラマ 「未来講師めぐる」 | main | 水野真紀 ピタットハウス >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ドラマ 「明日の喜多善男」



名脇役だった小日向文世の初主演作、という話題性もあって順調にスタートを切ったかに見えたこのドラマですが、なんと前回5.3%という低視聴率を記録してしまいました!それでも世間で叩かれないのは、やはり主役の力量なのでしょうか。

そもそも視聴率でドラマのよしあしを測るということを、そろそろ見直す時期なのじゃないかと、私は声を大にして言いたいです!視聴率がよくても駄作はいっぱいあるし、その逆もです。今やドラマを見れるハードは、TVだけではありません。携帯だってパソコンだって見れるし、それに絶対見逃したくない、保存版にしておきたいドラマほど、HDDやビデオに録画するもんじゃないですか。それをCMスポンサー主導のやり方で測られたら、脚本家も俳優もたまらんと思います。ドラマも視聴率依存の評価ではなく、映画のように正当に評価される賞を設けるべきなんじゃないかなって常々思ってます。

そんな低視聴率をふっとばす勢いの(と私は思ってる)キタさん。親友(?)に死んだとされているが謎の男ミナミさん、元妻は看護師からいきなり女実業家になり、元夫の保険金殺人疑惑もある。風俗店経営のチャラ男や売れないアイドル、元風俗嬢の保険外交員などなど、一人として<ふつう>な人が出てこない。捨てキャラがいなくて、それぞれの行動に目が離せません。

サラリーマン男の悲哀、というテーマがあまりにも酷で、自分に重ね合わせてしまう中高年の方は、このドラマを直視できないようです。また、F1層はそもそもオッサン自体に興味がない。主婦も自分のダンナが・・・と思うと目を覆いたくなる、そんな理由から視聴率が振るわないようですが、私は最後まで逃げずに見ようっと思います。

というより、なにより、次が気になるドラマって最近あんまりない中、これは翌週はどうなるの!?とワクワクできます。

そうそう、このドラマの一番の注目は、売れないアイドル宵町しのぶ役の吉高由里子はん。お色気サブキャラの三浦理恵子のポストって感じで、役柄とは反対にこれから売れていきそうです。

欲を言えば、ミナミさん役をもっとイケメンにしてほしかったー!ちょっとミスキャストです。イケメン率が低い(かろうじて要潤?)のも低視聴率の一因なのかもなあ。

しかし、松田兄弟は弟(薔薇のない花屋)とともに、やさぐれ役がはまりますね〜。松田兄のキメゼリフ「俺の親父が言ってたよ・・・」を聞くたびに「えっ?松田優作が?」とついうっかり思ってしまう私です。








posted by: アサヲ | 今日のテレビ | 11:00 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:00 | - | - |
コメント