<< 5時に夢中 NEW | main | ドラマ 「エジソンの母」 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ドラマ 「星の金貨」



が、面白いんです。
昼に再放送しているので、毎日見てます。しふの醍醐味です。

まず、私のダイスキな大沢たかお、そして竹之内豊という、私的にこれ以上ないといったゴージャスなキャスティング。その二人から思われる酒井法子を自分と置き換えてみた人は、私をはじめいったい何人いることでしょう。

酒井法子といえば有名なのがのりぴー語。「やっぴー」なんて今の若い子たちにとっては死語きわまりないけれど、その昔ははやったのです。そして「まんが字」と言われるいかにもアホな女子高生が書いてますーなのりぴー文字も。

ところがところが・・・聴覚障碍役であるのりぴーが、自分の気持ちを伝える為時にノートに書く文字は、のりぴー文字じゃあないのです。このドラマの為に練習したのかなあ。それとものりぴー文字がフェイクだったのかしら?

竹之内豊も、エキセントリックなおぼっちゃま役がぴったりです。ちなみに、これをリメイクした韓国ドラマ「春の日」では、この竹之内豊役をチョ・インソンが演じてます。私、チョ・インソンもバリの出来事以来ファンなのです〜。春の日はまだ見ていないけれど、イメージ的にはぴったりな気がします。私ってもしかして。わがままおぼっちゃまが好みのタイプなのかも?

竹之内豊が登場するときによくかかるBGMが、なんとなく笑えます。ジャズ風のくら〜い、いかにも「悪、参上!」みたいな感じなのですが、私はひそかに「豊のテーマ」と名づけてます。

その他のワキ役の皆様もとっても個性的。
まずは豊の母親役の酒井和歌子、これまた買い物とSEXしか興味ない絵に描いたような後妻役です。
そして看護師役の西村知美。方言が抜けキレてない人のいい看護師役ですが、自分が思いを寄せている豊がのりぴーをスキだとわかったとたん、典型的なイヂワルをします。が、元来の人のよさがにじみでてるのでしょうか、それとも演技がヘタなのでしょうか、「全然」イイ人です。
その同僚に、久本マチャミそっくりな人がいて、上から見ても下から見てもどこからみてもマチャミなのですが、ビミョーに違うなあとクレジットを見たら、なんとマチャミの妹でした。特に声がそっくり。演技というか立ち振る舞いも。あんなに似る姉妹も珍しいと思います。
そして、ドラマの中の悪女というポジション、バブルの代名詞は青田典子かこの人かというくらいの、瞳に1億円の保険で有名な田中美奈子サマが、期待を裏切らない悪女っぷりをご披露しております。しょっぱなから豊とのベッドシーンを繰り広げ、次のシーンでは実は優秀な女医でしたー!といった、これまたバブリーな、昭和の香り漂う登場っぷりが笑えました。
もう一人、イヂワルなお嬢様役をやらせたら天下一品!小沢真珠かこの人かの細川直美。眉毛の太さがこれまたバブリーですね。洋服、昔こういうのはやったなあというものを、見事に着こなしていて、見ていてあきません。というより、自分もこんなの着てたなあと、ちょっぴり恥ずかすぃ〜。真珠よりも声がかわいらしいので、スゴミには欠けますが、この方もはまり役。

最後に、大御所の大滝秀治。初回、もしくは3話までで死ぬ、といった設定の大物役者といえば、このお方か田中邦衛かといった感じです。きっと連ドラの最後までは体力的にNGなのだろうな。でも、大滝秀治が登場すると、たとえ駄作なドラマでも、そのシーンだけはぎゅっとひきしまって名シーンになりますね。こういった役者はとても貴重ですよね。
しかしいったい御年何歳なんだ?と調べてみたら82歳でいらっしゃいました。もうかれこれ20年くらい前から年とってないっすよね。森光子とともに、アンチエイジングなお方です。

ああ、このドラマについて語ってると夜が明けてしまいそうなくらい。最近のドラマには欠けているものが盛りだくさん。ん?この感じ、なんだか韓国ドラマを見ているときに似ている・・・?

posted by: アサヲ | 今日のテレビ | 17:37 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:37 | - | - |
コメント