<< スピッツの人 | main | 久々のブログ 久々のブリトニー・スピアーズ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

おもちゃの居場所

家電や部屋の隅にほこりがたまっていても平気なくせに、
換気扇が油で汚れててもへっちゃらなくせに、
こどものおもちゃがばらんばらんにちらばっているのは、どうにも許せないわたし。

こどもって自分でちらかすくせに「おかあさーん、○○はどこ?」とすぐに聞く。
挙句みつからないと「おかあさんがどっかにやった!(←ぬれぎぬ)」とほざく。

だから余計に「仮面ライダー系はこの箱」だの「ムシキング系はここ」だのと、
自分の中でちゃんと決めて収納してる。

でもそんなおもちゃたちが、しばしばあるはずのない場所に転がってたりする。
例えば冷蔵庫の脇にウルトラマンタロウ、とか。階段の途中にアンパンマンの指人形、だとか。

そういった場合、元来のだらしないわたしと、片付けないとなわたしが、せめぎあう。

そうして、だいたいは「だらしないわたし」が勝つ。

だから我が家は、一見片付いているように見えても、まるでオリエンテーションゲーム並みに、いろんなおもちゃが転々としており、そのだいたいは気づいていての放置だ。

だから時々「片付けないと!」なわたしが勝利したとき、おもちゃが定位置に収まるとミョ〜にすがすがしい気持ちになる。はじめからそうすればいいのに。

でも、例えて言うなら、1週間風呂に入らなかった後のあかすりエステみたいなもので。いちおうこんなのが主婦の醍醐味というわけで。

posted by: アサヲ | 今日のコドモ | 21:11 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:11 | - | - |
コメント
 
2007/09/14 12:20 AM
Posted by: アサヲ
なななかばサマの奔放な育児、ぜひ見習いたいです!
うちは襖はないのですが、その代わりになるようなもので自由自在にお絵かきさせたいなあって思いました。
2007/08/30 11:31 AM
Posted by: なななかば
うちの子のときは、押入れの下の方が全部おもちゃ入れになっていました。それに襖は全部カンバスでした。
30数年前の光景で、いまや憎たらしい子たちですが、ときおり懐かしく語り合っています。